銭湯・奥の細道 (東北の銭湯巡り)

東北を中心に、全国の銭湯(公衆浴場・お風呂屋さん)を紹介します! あと少し温泉共同浴場も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

直島銭湯「 I ラブ 湯」(香川県直島町)

○直島銭湯「 I 湯」


住所 香川県 香川郡直島町2252-2  地図 
電話 087-892-2626(NPO法人 直島町観光協会 受付時間:8:30〜18:00)
営業時間  平日 14:00〜21:00 土日祝 10:00〜21:00
定休日  月曜日 ※ただし祝日の場合開店、翌日休み。
入浴料  510円(直島島民は310円)

公式HP
あと、「直島銭湯」で画像検索すると、浴室内の写真もたくさん出てきますよ。


日本一の銭湯、日本一のレトロ銭湯はどこかと尋ねられたら
答えるのは難しいし、答えは人それぞれだろう。 
だが!「日本一楽しい銭湯」「日本一キテる銭湯」は間違えなく、ここ!!

  

【2010年7月入浴】

以下は、↓当時の自分が書いた日記まんま転載
----------------------------------------------------------------

主に、直島と犬島まわったけど
ぶっちぎりで一番良かったのが、直島銭湯 「I 湯」
(次が犬島の精錬所かな?)


簡単に紹介すると、現代芸術家 大竹伸朗さんの作品で
内装も外装も、過剰に装飾しされたアート?な銭湯。

あんま、美術館とか芸術アート苦手な自分でも
I 湯は 楽しくて仕方なくて 一日に2度も入ってきちゃった。

無駄な装飾・こだわりがナイス!
ぞう! たこ! サボテン!
桶もオリジナル(ケロリンのI 湯盤?)
シャンプーも、強すぎる青リンゴの香り。
トイレの便器にも絵が! 等々

建物のまわりには
常に人がいるけど、中は意外とすいててのんびりできました。



やっぱり、アートには
こういう風に体験できる楽しさが欲しい!!!

入浴後は、オリジナルラムネ 「ラブネ」!



------------------------------------------------------------

改めて、考えてみると
温泉を観光資源としてPR・利用してる町は結構あるけど、
銭湯を観光資源としてアピールしている所って
ほとんど無いですよね。

まあ、確かにお湯の成分は家の風呂と変わらないかもしれないけど
銭湯という空間の特異性をPRする事は出来ないだろうかと思う。
凄く大げさに言うと「I 湯」がその可能性を示している気がする。


銭湯を一から新たに創りあげたところや
大竹伸朗さんのINAXとの共同作業の記事など読めば本気度が伝わってくる。
INAXのニュースリリース
 

ちなみに
直島は、島全体がアートな島、普通の街並みにアートが混在している
   
公共機関の学校や役場もアート色?
 

関連記事

| 香川県 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://1010meguri.blog.fc2.com/tb.php/94-aca9054a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT