銭湯・奥の細道 (東北の銭湯巡り)

東北を中心に、全国の銭湯(公衆浴場・お風呂屋さん)を紹介します! あと少し温泉共同浴場も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

道後温泉椿の湯(愛媛県松山市)

○道後温泉椿の湯
 1c2977475a4ec6d92d48b63a28ca02ee.jpg

住所 愛媛県 松山市道後湯之町19−22  (最寄り 伊予鉄・道後温泉駅) 地図
電話 089-921-5141
営業時間 6時30分〜23時
無休
入浴料 400円
松山市HP


上の本館が主に観光客向けだとしたら、こちらは地元の人向け。
お湯自体は、道後温泉本館と同じで、こちらの方が入浴料少し安くて360円。(※2016年現在は400円)

  

【2014年1月入浴】

IMG_1254.jpg IMG_1253.jpg
本館の方は、外観を写真撮っている人がたくさんいるが、こちらは皆無。
まあ、壁がマジックアートになっているとはいえ、巨大な体育館みたいな建物だしね。
IMG_1242.jpg IMG_1243.jpg IMG_1249.jpg
本館もそうだが、椿の湯は市が管理してる。
ロビーは広々。2階には娯楽室もあるみたい。
脱衣所も広々だが、人が多くてやや周りに気を使う。(この日は元日だったのでいつもより混雑)
ロッカーは、10円徴収するタイプ(戻ってこない。。。)


浴室は、本館の神の湯を広くシンプルにしたような形。
ドンと大きい浴槽が一つ。カランは30くらいか、桶は木桶だった。
浴槽の周りにスペースがあるのでそこで体を洗ったり休んだりしている人も多い。
装飾はなんもないのかと思ったら、
浴室入口(背面の壁の部分)に石で作った白鷺の飾りが! 
せっかくいいものなのに目に付きにくい場所にある。

湯口の巨大な岩には、正岡子規の言葉が刻まれていた。
「十年の汗を道後の温泉に洗へ」


IMG_1246.jpg IMG_1248.jpg IMG_1251.jpg
よく暖まったあとは、
らくれん(愛媛の牛乳メーカー)の牛乳でクールダウン。
正月初湯良かった!!!
関連記事

| 松山、今治市 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://1010meguri.blog.fc2.com/tb.php/212-93943fc8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。