FC2ブログ

銭湯・奥の細道 (東北の銭湯巡り)

東北を中心に、全国の銭湯(公衆浴場・お風呂屋さん)を紹介します! あと少し温泉共同浴場も。

≫ EDIT

湯ニバーサル銭湯じゃばーん(8/15・16)開催します♨

57b05f9e53fdab59e3074731f3c04e0a-720x540.jpg

湯ニバーサル銭湯じゃばーん
〜世界に広めよう、みんなの銭湯!〜
足立に銭湯アミューズメントパークがやって来る?!


過去2回実施されて大好評だった大阪住吉の「朝日温泉」での「湯ズニーランド」が
トランスフォーム!して、足立の銭湯で『湯ニバーサル銭湯じゃばーん』(通称:湯SJ)になりました。

銭湯・奥の細道も微力ながらお手伝いしています。
みんな遊びに来てね!!

prl1907291602111-p2.jpg


以下、「あだち銭湯普及会」HPより引用



湯ニバーサル銭湯じゃばーん
〜世界に広めよう、みんなの銭湯!〜
足立に銭湯アミューズメントパークがやって来る?!


銭湯のれん迷路や桶カーリングのアトラクション、
銭湯ネイルや富士山石けんのワークショップ、
丸山銭湯絵師のライブペイント、キューバ音楽ライブなど
さまざまなイベント盛りだくさん!!

今年の夏は足立に集合!

♨開催日時:2019年8月15日(木)・8月16日(金)
        10:00~17:00

♨開催場所:ギャラクシティ
東京都足立区栗原1−3−1[西新井駅東口から徒歩約3分]


♨参加費:無料(一部有料イベントあり)



〇主催:あだち銭湯文化普及会
〇共催:ギャラクシティ指定管理者みらい創造堂
〇協賛:牛乳石鹸共進社株式会社/足立区浴場組合
〇後援:足立区/(一財)足立区観光交流協会/東京都浴場組合
〇協力:大阪住吉朝日温泉/銭湯もりあげた~い

♨地図

| イベント【参加者募集中!】 | 04:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/1 『防災銭湯』 ♨大阪の銭湯「湯処あべの橋」で行います!!

もし、銭湯で災害がおこったら・・・

災害時の銭湯の役割が見直される中、9月1日(日)防災の日に、
大阪市阿倍野消防署の協力のもと、銭湯での防災訓練『防災銭湯』を行います。
地域の方、銭湯利用者、銭湯で働く方、どなたでも無料で参加できます!!



『防災銭湯』とは?
銭湯初の実践的な防災訓練として、昨年9月に大阪住吉・朝日温泉の協力で行い、
その後、神戸市長田区の「萬歳湯」、三重県四日市の「玉の湯」、東京都足立区の「曙湯」で実施をし
今回が第5回目になります。  →「防災銭湯」実施報告

369Z4Ja5.jpeg

↑こちらのポスター。告知等に協力していただける方は、自由に印刷、HPやSNS等に貼り付けてください。
チラシ・ポスターを使用するにあたって、特に連絡等はいりません。



P11049631.jpg bousai1.jpg bousai3.jpg

◎はじめに
 2018年は近年まれに見る大規模災害の多い年でした。6月の大阪北部地震、7月の西日本集中豪雨、9月関西を次々襲った台風、10月の北海道の地震。その際、各地で銭湯は大きな被害を受け、災害に対する対策が急務であることを痛感させられました。
 これをきっかけとして、震災時のお客様への対策を防災訓練を通して実際に体験し、入浴時に被災した場合、迅速に対応出来るようになれば、人的被害を最小限に押さえることができるのではと思い、今回の防災訓練を開催します。


◎銭湯・湯処あべの橋での防災訓練 『防災銭湯』

○日時 … 令和元年9月1日(日曜日) 防災の日 午前10:30~11:30予定
          ※雨天決行                                   (営業前の時間) 

○場所 … 銭湯「湯処あべの橋」  天王寺駅から徒歩5分  地図がページの最後に表示されてます。
         住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目7番25号  電話:06-7890-1126
         営業時間:12:00~24:00  定休日:木曜日
      
○参加費… どなたでも無料で参加出来ます

○内容
・銭湯の浴室での避難訓練 (着衣で行います)
・阿倍野消防署指導のもと、水消火器を使った消火訓練
・防災、防火についての質問コーナー

      
   
今回の「防災銭湯」には、
災害時お客様や従業員の命を守り被害を最小限に抑えるという、「湯処あべの橋」としての防災訓練
銭湯での防災訓練を通じ、災害時に想定される事態を体験し、防災意識を高めるという、「地域」としての防災訓練
災害時の入浴施設の役割を見直し、銭湯の防災の先駆的な取組を示すことで、「銭湯」業界としての防災訓練
という、3つの意味と目的があります。

☆「防災銭湯」は、銭湯・その他温浴施設の経営者・働く人向けの防災訓練でもあります。
上記の方限定で、今回の防災訓練の計画書、過去の訓練の実施報告書、銭湯の災害対応マニュアルも差し上げます。
自店で防災訓練したい方のサポートもします!! ぜひご参加ください!!



○主催 … 湯処あべの橋、大阪府浴場組合
○協力 … 大阪市阿倍野消防署、銭湯・奥の細道  ○後援 … 足立区浴場連合会、神戸市浴場組合連合会、三重県公衆浴場業生活衛生同業組合、大阪住吉・朝日温泉

○お問い合わせ先 ・・・湯処 あべの橋(電話 06-7890-1126)  銭湯・奥の細道(MAIL:1010meguri@gmail.com)


【会場の湯処あべの橋の地図】


| イベント【参加者募集中!】 | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長崎県の銭湯(公衆浴場・お風呂屋さん) 一覧&マップ(2019年最新版)

○長崎県の銭湯(公衆浴場・お風呂屋さん)一覧&マップ

2019年現在営業中の 
長崎県の銭湯(公衆浴場・お風呂屋さん)の住所・電話番号等をまとめたリストです。
銭湯をまとめたもので、スーパー銭湯、共同浴場、温泉旅館等は入っていません。
長崎県の銭湯入浴料金は、大人350円、小学生150円、幼児80円です。

このリストは独自に調べたものです。 この他に営業中の銭湯があれば、是非お知らせください!

※営業時間、定休日等が変更になっている場合もあるので、遠方から行かれる際は電話確認する事をお勧めします。
間違えや疑問点がありましたら、コメント欄かメールで教えてください。
このページはリンクフリーです。どんどん活用し広めてください!!!
ただ、内容を転載(コピペ)してHP等に使用する場合は必ずご連絡ください。

【2013年8月全軒直接行って確認したものです。2019年7月再度確認】
屋号(店名)にリンクが貼ってあるものは、実際に訪ねた時のレポート・詳細ページにとびます。
 ↓クリックすると、それぞれの市町村の銭湯リストにジャンプします。 
<長崎市・7軒> <長崎市 池島・2軒> <佐世保市・1軒>

長崎県 銭湯マップ  
 ※パソコン、スマホ等で場所を検索、現在地からの交通手段、道順も調べられて便利! → ♨マップの使い方♨
 

→→→ 全国47都道府県の銭湯(公衆浴場・お風呂屋さん) 全軒リスト

◎長崎市の銭湯(公衆浴場・お風呂屋さん)

blog_import_52862b980fc1c.jpg  
○日栄湯
住所:長崎県長崎市大浦町9−7   電話:095-822-8342  地図
営業時間 17:00〜20:00   定休日 月曜日

blog_import_52862b8334007.jpg
○太平温泉(太平湯)
※2019年7月いっぱいで営業終了するそうです。
住所:長崎県長崎市曙町3−18   電話:095-861-5901  地図
営業時間 15:00〜21:30   定休日 月曜日

blog_import_52862b9d5fd29.jpg
○徳乃湯
住所:長崎県長崎市上野町6−25   電話:095-844-2300  地図
営業時間 14:30〜21:00   定休日 毎週金曜日、土曜日

blog_import_52862b88925c1.jpg
○西山湯
住所:長崎県長崎市下西山町6−11   電話:095-822-1516  地図
営業時間 16:00〜21:00   定休日 月・水・金・日曜日

blog_import_52862ba379157.jpg
○白菊湯
住所:長崎県長崎市片淵1丁目2−11   電話:095-823-4606  地図
営業時間 14:00〜18:00   定休日 毎月5・10・15・20・25・30日

blog_import_52862b8de8f8f.jpg
○小田湯
住所:長崎県長崎市茂木町1631  電話:095-836-0104  地図
営業時間 15:00〜21:00   定休日 毎月1・11・21日(31日は営業)

blog_import_52862b930c856.jpg
○高崎湯
住所:長崎県長崎市茂木町2167   電話:095-836-0016  地図
営業時間 14:00〜22:00   定休日 毎月6・16・26日(但し土日祭日の場合、翌日に繰り下げ)

 
◎長崎市の池島という離島にも、市営の銭湯が2軒あります!

長崎市池島東浴場
住所:長崎県長崎市池島町1240番地5  地図
  営業時間 16:00〜21:00   定休日 土曜日


長崎市池島港浴場
住所:長崎県長崎市池島町154番地  地図
  営業時間 16:00〜21:00   定休日 日曜日

【長崎市内の廃業・閉店した銭湯】

●山頭温泉   長崎市寄合町2−27  ※2013年5月初旬に廃業
  

●マル金温泉   長崎市館内町15−6  ※2011年頃に廃業
  

●里の湯   長崎市平和町5−25  ※2010・2011年頃から休業状態。廃業?
  

●松島湯   長崎市元町1−19   ※2011年頃に廃業  
 

●本多湯   長崎市弁天町7−5  ※2012年年末に廃業

●千歳湯  長崎市油屋町4丁目  ※2010年以前に閉店していたようです。


◎佐世保市の銭湯(公衆浴場・お風呂屋さん)


○徳の湯   
住所:長崎県佐世保市松浦町4−3   電話:0956-22-8874  地図
営業時間 15:00〜22:00   定休日 水曜日  


●木場田湯   ※2016年頃に閉店されたようです。
住所:長崎県佐世保市木場田町10−10   電話:0956-23-2308
営業時間 15時〜21時   定休日 木曜日

●五色湯   佐世保市高天町7−3  ※2010年前後??に廃業。現在、駐車場に。

◎諫早市の銭湯

●浮亀湯   住所:諫早市有喜町99  ※2010年前後??に廃業。

◎島原市の銭湯

●宝来泉浴場   住所:島原市弁天町1丁目7120  ※2012年に廃業

◎南島原市の銭湯

●荒木湯  ※2018年頃に閉店したようです。
住所:南島原市西有家町須川685   電話:0957-82-2643  地図
営業時間 16時〜20時(20時前に閉める日もあり)   定休日 毎月1日・15日

→→→ 全国47都道府県の銭湯(公衆浴場・お風呂屋さん) 全軒リスト

2013年8月作成、2019年7月更新。

| 長崎県 | 21:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GALLERY A4・写真展「100+20人の東京2019-2020 ~North編~」

D8iWB2jU0AAlM3p.jpg

江東区にあるGALLERY A4(ギャラリーエークワッド)が主催する
― 人・建築・都市を記憶する ― レンズ付フィルムによる写真展
「100+20人の東京2019-2020 ~North編~」
 2019.6.21 fri – 2019.7.25 thu

の「都内の銭湯」に関する展示に、銭湯・奥の細道としてデータ協力しています。
入場無料で、期間中建築関係の方のトークイベントもあるので
銭湯がメインではありませんが、建築や写真等に興味のある方はぜひ見に行ってみてください。

詳しくは、<GALLERY A4 > のHPをご覧ください。


写真展「100+20人の東京2019-2020 ~North編~」の詳細を引用


D8iWB2jU0AAlM3p.jpg D8iWB2hUIAA4NBH.jpg

GWに東京のまちを撮ろう!
― 人・建築・都市を記憶する ― レンズ付フィルムによる写真展
「100+20人の東京2019-2020 ~North編~」


<GALLERY A4 公式HP>
期間: 2019年6月21日(金) ~ 2019年7月25日(木)
会場: GALLERY A4 〒136-0075 東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1階
開館時間: 10〜18時(最終日は17時)
休館日: 日曜・祝日休館
入場料: 無料


この写真展は、普段何気なく見過ごしている「人・建築・都市」をファインダーを通して記録し、そこから何かを発見する、実験的な参加型イベントです。
今回は「東京」をテーマに北エリア(2019年)、南エリア(2020年)と撮影範囲を分け、2年連続で開催いたします。
公募により集まった100人の一般参加者とエークワッドが招聘した約20人の招待作家により、今の東京のまち・建築を切り取ります。2019年は東京の北エリアを対象とし、ゴールデンウィーク中に撮影していただきました。
展覧会では、招待作家と一般参加者のみなさまが撮影した写真を展示するとともに、統計グラフや地図を用いて多様な視点から東京を紹介します。

審査員
菅沼 比呂志(キュレーター)/ 渡邉 研司(東海大学教授、DOCOMOMO Japan 代表)

招待作家
淺川 敏(写真家)/ 荒俣 宏(小説家、博物学者)/ 五十嵐 太郎(建築史家)/ 池田 晶紀(写真家)/ 池ノ谷 侑花(写真家)/ 石川 直樹(写真家)/ エバレット・ブラウン(湿板光画家)/ 大西 若人(朝日新聞記者)/ 大巻 伸嗣(アーティスト)/ 小川 重雄(写真家)/ 加藤 文俊(慶應義塾大学教授 )/ 久米 信行(久米繊維工業株式会社 相談役)/ 小池 百合子(東京都知事)/ 菅沼 比呂志(キュレーター)/ 鷹野 隆大(写真家)/ 多田 君枝(コンフォルト編集長)/ 土田 ヒロミ(写真家)/ 橋本 善八(世田谷美術館)/ 藤元 明(アーティスト)/ 真鍋 真(国立科学博物館 標本資料センター・センター長)/ 森山 開次(ダンサー)/ リサ・ヴォート(明治大学特任教授) (敬称略、五十音順)



会場地図 : GALLERY A4  東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1階

| イベント【参加者募集中!】 | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

♨『銭湯大学』開校します♨ 銭湯(公衆浴場)で論文を書きたい方へ

IMG_1404_20170618094010af7.jpg
※画像は本文とは直接関係ありません。

♨『銭湯大学』♨
「銭湯(公衆浴場)で論文を書きたい方の研究、調査のお手伝いします。」


《重要なお知らせ》
令和元年度(2019年度)の受け付け開始します。
詳しい内容や連絡先は下記の文章お読みください。


※同時に、論文作成に協力してくれる銭湯や温浴施設経営者を随時募集しています。
具体的な内容としては、論文作成の為のインタビュー、銭湯での調査等になると思います。
銭湯によって受けられる案件と受けられない案件があると思うので、
内容を聞いて、協力可能なものだけで構いません。
我こそは、協力してもいいよという方、よろしくお願いします



今年でこの取組も4年目ですが、過去関わった学生の論文のテーマとしては
「災害の中での銭湯」 「若い担い手による銭湯運営」
「公衆浴場での災害時の水利用」 「銭湯の存続の可能性や社会的な役割」 「地域コミュニティとしての銭湯」
熊本大学、同志社大学、立命館大学、首都大学東京、神戸大学 等があります。

近年、テレビや新聞、雑誌、WEBメディアに
『銭湯』が取り上げられる機会がとても増えました。
その結果、卒論やレポート等の論文に取り上げられる機会も増えていると思います。

ですが、現状として
「銭湯(公衆浴場)」をメインテーマに研究している教授や研究者をあまりおらず
そうした方の指導やアドバイスを直接受けるのは、なかなか難しいです。
大学の教授や准教授とはいえ、同じ分野の中でも一つ専門が違えば
ほぼ一般人と同レベルの知識しか持ってない事が普通です。
それに日本で出版されている銭湯関連の書籍の多くが
銭湯愛好家が書いた「お気に入りの銭湯紹介本」で、建物や入浴紀行文メインな物です。
先行研究や論文に必要なデータや資料は圧倒的に不足しているのが現状です。

この「銭湯・奥の細道」 (→過去の活動) を立ち上げて5年以上が経ち、
全国の銭湯の情報を調べ実際に訪ねたり、
銭湯に関する資料や書籍を読んだり、
そこで働く方、入りに来ているお客さん、浴場組合の方と話したりする機会も多くありました。
その結果、たぶん普通の人よりは、「銭湯」の現状や情報に詳しくなったと思います。
その知識や経験を生かし、若い方の為に、こういう活動をしてみようと考えました。
たぶん、他では一切やっていない活動だと思います。


学生の論文や研究、調査のお手伝いや
大学生に限らず、専門学生、一般の方の相談を、原則無償で受けます。
銭湯(公衆浴場)に関するものであれば、どんなテーマでもOKです。
銭湯の方、浴場組合、自治体、博物館の方もOKです。

もちろん、本当の大学でもないですし、金をもらうわけでもないので
大学の授業としてある「卒論指導」のような
きめ細かいサポートはしませんし、出来ません!
当たり前ですが、研究・調べる・書くのは本人です。


銭湯について人より詳しいとはいえ、
銭湯に関する事何でも知ってる訳ではありません。知らないことの方が多いです。
スーパー銭湯、温泉、サウナ等についてもまだまだ勉強中です。

出来るのは、そのテーマだったら、こういう本や資料があるよ。
それ調べたいなら、ここかこの人に聞くといいよ。
その程度の“あくまでアドバイス”です。

役に立つまともな意見が返ってきたら、ラッキー!くらいの期待度でメールしてください。
もし返信来なくても決して怒らないで。
また、話を聞いた上で、「そのテーマで調べるの難しいと思う」
「それなら銭湯がテーマでなくても良いと思う」と、アドバイスした事もあります。

本業の仕事もあるので、すぐには返事できません。基本、メール等の返信は遅いです。
だから、「来週提出のレポートを銭湯をテーマに書きたいで、今すぐ教えてください」なんて
メールは絶対してこないでください!


メールをする際は
・件名「銭湯大学」
・自分の氏名と所属。
・どういうテーマで研究・調査したいのか?(銭湯+ 分野、どういう切り口、地域等々・・・)
・なぜそのテーマを選んだか?
・現時点でどれくらい調べてるか?(集めた本、資料等・・・)
くらいは最低限書いてください。

送信先 
1010meguriあっとまーくgmail.com

【↑「あっとまーく」の部分を、半角「@」に置き換えてください】


なぜこんな活動を始めるかというと
ある大学生の銭湯(公衆浴場)というテーマの卒論の手伝いしたり
大学の銭湯サークルに合宿先の銭湯を紹介したり
銭湯のミライとは?」の記事を読んだある会社の方や博物館学芸員の方から相談受けたりしました。
その事で、自分自身の勉強にもなったり、知識や人の繋がりを広げるきっかけにもなりました。
どうしても、完全に一人でサイトの運営やってると、興味や見方が偏るっていくことを感じるので
そういう点を補完する意味でも自分にとってプラスになると思ったので。
自分自身がさらに学ぶきっかけが欲しいのもあります。

どれくらい反応があるかは未知数ですが
本気で銭湯の事を考えている若い人の力にはなりたい。と思うので
よろしくお願いします。


| コラム的なもの | 01:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT